ぐるぐる

モーニング娘。が大好き!

カントリー・ガールズが大好き。

どうしたらいいのか分かんない。でも、どうすべきかは分かってる。

 

今日、やっとUTBを手に入れたんだ。

 

わたしは工藤遥ちゃんのオタクだけど、女の子してる工藤遥ちゃんがすごく好きで、だからハルくんよりもハルちゃん派なわけで、いやでも遥ちゃんが楽しかったならそれはそれでいいんだけど、いやそうじゃなくて。

 

わたしは、小関舞ちゃんを過保護に応援しながらカントリーガールズを箱推ししているオタクでもあるんです。でも舞ちゃんが1番かと言われれば、うーんでもこの子もすごく魅力的だしなぁ、と悩んでしまう。

 

ていうかやっぱり、1番なんて作れないや!そもそも作る必要なくない?みんな大好きでいいんじゃない?箱推しでいいんじゃない?と思わせてくれるグループがカントリーガールズなんです。それくらい、この子たちはみんなで揃ってすごく素敵なんです。

 

 

そんなわたしだから、今日手に取ったUTB、実は遥ちゃんのページなんてすっ飛ばして、カントリー・ガールズにまっしぐらだった。うん、ごめんね。ちゃんと後で見たよ。

 

ものすごくよかった。カントリー・ガールズのオタクのみなさんは、絶対に買ってください。ハンカチもついでに握りながら読むといいでしょう。この子たちの未来は、絶対に明るい。そう思わせてくれる、愛と輝きに充ち満ちた内容だったんだ。

 

 

カントリー・ガールズを知らない人は、いますぐにこれを見なさい。見るのです。はい、見ましたね?

 

 

 

 

こんなに小さい女の子たちが、こんなにもかわいい衣装で、『もっとでっかく考えなきゃ  人生は一回きりだし  だから全部   前向きに行こう』って、人生を謳歌してるのを見せつけられたら、もう好きになるしかない。あとこの曲はほんと、ふなっきのシャウトかっこ良すぎな。

 

 

カントリーの単独コンサートに参加した人ならわかるはず。この子たちは、とにかくひたすら『かわいい!楽しい!生きてて幸せ!』ってことを、歌って踊るだけで表現できるんだよ。

 

 

 

モーニング娘。のコンサートは、迫力とか空気に圧倒されて、息が止まって、瞬きが惜しくなる。ステージ上でキラキラ輝くメンバーを見て『最高っ!!!楽しいっ!!!』って気分になれる。

 

 

カントリー・ガールズはそれとは違う。ももち先輩に必死についていこうと頑張ってる5人を見てるだけで、ただ単純に、『あぁ〜〜!!!楽しいなぁ〜〜!!!』って感じられるんだ。なぁんにも考えなくていい。ただ、見てるだけでとにかく楽しいの。

 

ももち先輩のおかげで信じられないくらい鍛えられたトーク力は、誰がどう見ても、ひいき目なんかじゃなく、ハロプロの未来を引っ張っていける って胸を張れるくらいの力をつけてた。

 

 

トークがこんなにも面白いアイドル、他にいないよ。みんなだけだよ。

 

 

 

ももち先輩からみんなが学ぼうとしてること。それは、どんなときもアイドルらしく、いつも笑顔でいるってこと。

 

 

もちろん、泣かないわけじゃない。でも、泣かないように我慢してるんだ。みんな、アイドルだから。彼女たちが目指す先を歩く先輩が、泣かないアイドルを貫こうとしているから。アイドルのお手本は、みんなにとってももち先輩だから。

 

死ぬほど努力してることも、教えてくれない。だってみんなは、アイドルだから。分厚くて大きな壁にぶつかって踏ん張ってることも、教えてくれなかった。……だってみんなは、アイドルだから。

 

 

こんなにも、大きな決断を迫られていたことに、みんなは気づかせてくれなかった。毎日ブログも読んでラジオだって聞いてたのに、気づかせてくれなかった。全然、気づかなかった。

 

 

みんなが、いま、どれだけ踏ん張ってるかってことに。

 

 

みんなが、いま、どれだけの涙を我慢してるかってことに。

 

 

公式のお知らせの書き方は本当に意味不明で、なんだこれどういうことほんとになんなの?って気持ちばっかりが出てきて、もうどうしたらいいのかわからなかった。ももち先輩のブログを見たら、どうしようもなく涙が出てきた。

 

 

 

ももち先輩が育ててくれた、アイドルのお手本が手塩にかけて育て上げた、大切な大切な5人の女の子たち。アイドルという特殊な職業を、15年という長い年月をかけてやり通した彼女が残してくれた、未来への希望たち。

 

 

代わりなんてどこにもいない、5人のカントリーガールズたち。

 

 

わたしは、ももち先輩を信じることにするね。『カントリー・ガールズはなくならない』って、そう言ってくれた言葉を、ずっと胸に抱きしめてこれからみんなを見守っていくね。

 

 

残されたメンバー、違う世界の土を新たに踏もうとしているメンバー、どちらもほんとうに大変だと思う。

 

 

きっと残されたメンバーは、なんとしてでも守り抜こうとしてくれるでしょう。まっすぐな2人のことだから、頑張りすぎてしまうこともあると思う。新しい道を新たに進む3人だって、器用な方じゃないんだから、これから小さなことから少しずつ積み重ねていかなくちゃいけない。これまでやってきて、やっとカントリーの土台が出来たばっかりだったのに、また新しい土台に馴染んでいかなかちゃいけない不安もいっぱいあると思う。ほんとうに、逃げ出したくなるくらい不安なことがいっぱいあると思う。

 

 

 

どうか、どうかそんなときは、わたしたちファンの声をたくさん聞いてほしいなって思うよ。そばにいてあげられないけど、心からみんなのことを思ってる、わたしたちの声を頼りにしてほしいと思うんだよ。

 

 

泣きたいときは、わたしたちの存在を、どうか思い出して。どんなみんなであっても、わたしたちはみんなを応援してるって、知っていてほしい。

 

 

 

そんなふうに、驕りだけど思ってしまうんだ。ほんとうにほんとうに、みんなのことが大切で、みんなのことが大好きだから。

 

 

 

こんなに幼い少女たちが、どうしてこれほどの試練をこんなタイミングで乗り越えなくちゃいけないのか。これまでだって彼女たちは、数え切れないほどの理不尽さとやり切れなさの中、いつも笑顔と元気をわたしたちにくれたじゃないか。……6月30日だってまだ乗り越えてないのに。これからやっと、始まるところだったのに。ねえどうして?どうして?

 

 

そんな気持ちがなんども繰り返し湧いてきて、涙は止まらないけど。……それでも、この5人の進む先がどんな未来であったとしても、わたしはカントリー・ガールズのオタクとして絶対にみんなについて行くって決めたよ。

 

 

応援してるよ。大好きだよ。だから、あんまり頑張りすぎないでね。溜めすぎないでね。兼任なんて、そんなの体が何個あっても足りないようなすごいことしようとしてるんだからね。焦らないでいいんだよ。ゆっくりでいいんだよ。それで、そんなことをいいながらも、カントリーのことも忘れないでいてくれって、ごめんね、わたしは思ってしまうんだよ。ごめんね、わがままでごめんね。

 

 

受け入れ先のグループのオタクの皆さん、どうか愛をもって受け入れてほしい。みんなは、ちぃちゃんとやなみんとふなっきの3人は、輝く個性の原石なんです。ほんとうに、信じられないくらいキラキラの個性を当たり前にもっていて、そしてそれを活かす術を、アイドルのお手本からしっかり教わったんです。素晴らしい3人なんです。分けてあげるのがほんとうに惜しくて涙が出るくらい、悔しいくらい、素晴らしい3人なんです。

 

だから、愛してあげてほしいんです。見守ってあげてほしいんです。

 

 

 

この想いが、この願いが、これから始まる5人のカントリーガールズの未来を明るく照らしてくれることを、心から祈ってる。

 

 

 

f:id:bkinako:20170610021151j:image

 

f:id:bkinako:20170610021154j:image

 

f:id:bkinako:20170610021158j:image

 

 

 

 

 

 

わたし、カントリー・ガールズがほんとうに大好き。