ぐるぐる

モーニング娘。が大好き!

卒業するっていうこと。

朝、目が覚めて、夢だったらどうしよう。そうだといいな、でも違うよな、そうだよな。


大好きな工藤遥ちゃんが、新しい道を見つけてしまった。
アイドルを卒業しなきゃできない、大きくてキラキラした夢を、見つけてしまった。
 
見つけてくれた、って言えなくてごめんね。
 
工藤さんの幸せを、ほんとうに願ってる。何よりも強く思ってる。それはほんとう。ほんとに、ほんとう。
 
でもごめん、まだいっぱい寂しいよ。
 

私が知ってる工藤遥ちゃん。知らなかった工藤遥ちゃん。これから知りたかった工藤遥ちゃん。
 
それはぜんぶ、アイドルしてる工藤遥ちゃんだった。
 
確かに思うんだよ、女優になって、もしかしたら朝ドラにだって出てくれる日が来るかもしれない。お茶の間に、あの澄みきった笑顔を見せてくれるかもしれない。
 
でもさ、違うんだよ。
 
いま私が見たいのは、これから私が見たいと、見られると思っていたのは、モーニング娘。の中でダンスでも歌でもトークでもみんなを引っ張ってて、コンサートのMCとかで『昔はほんと色々やらかしてたけどすっかり大人になったでしょ』ってドヤ顔で言いながら、でもやっぱり大人になりきれずにいる所があって、相変わらず泣き虫で、もやしっ子は卒業できたけど汗っかきは健在で、弱いくせに強がるし、しんどいくせに誰かの力になろうとする、そしてなにより、そんな工藤さんだからこそ、みんなから愛されて、みんなを愛して、『生きてることってこんなに幸せ!』って当たり前みたいに教えてくれる、そんな工藤遥ちゃんなんだよ。
 
 
女優になるって決断を、応援してないわけじゃなくて、それはほんとうに違うんだよ、あのね。
 
 
寂しい。そう、寂しい。
 
とにかく寂しいんだ!!!!
私は!とにかく!寂しいんです!!!!
 
 
だってさ、女優になるってことは、たとえばドラマとか映画に出たとして、役を演じる、やりたいことを形にできた工藤遥ちゃんの姿は見られたとしても、ありのまま、素の『工藤遥』を見ることが難しくなるってことで。
 
今までならDVDマガジンだとか他のメンバーのブログだとか、そういうものから得られた『工藤遥』ちゃんの一面を知ることができなくなるってことで。
 
アイドルとして、きらきらステージで輝いてるはるちゃんを、もう二度と見られないってことで。
 
 
 
 
それ!それが、多分私は1番寂しいんだ!!!
 
 
世界で1番大好きな女の子が、世界で1番大好きなグループの、大好きな同期や後輩や先輩から愛されて、可愛がられて、大切にされて、信頼されてる、そんな姿を、私は見るのが大好きだったから。
 
 
モーニング娘。を盛り上げたい。
いろんな人に知ってほしい。
そのために自分ができること、なにかな。 
まずはビジュアルだ。道重さんがいなくなったいま、その役回りに取り組めるのは、きっと自分しかいない。だって私、ナルシストだからさ!
他にはなにがある?知名度
それなら、メディアに出たとき印象に残るよう、黒髪ショートボブを貫こう。カメラを向けられたら、いつも笑顔で、視線を外さないようにしよう。
食べることは大好きだけど、体型維持管理はしつかりしよう。肌荒れにも、注意していこう。
 
 
分かんないけど、いや分かるような気がするけど、ていうかこんなふうなことをよく言ってたと思うんだけど、工藤さんはこんな感じで、自分ができるアプローチの仕方を考えて考えて、モーニング娘。の素晴らしさを世に伝えようと必死になって頑張ってくれていた。
 
 
十代という時間すべてで、工藤遥ちゃんはアイドルとして輝いていた。
 
いままで、ここまで、アイドルでいてくれた。
 
 
メンバーのブログ、何度読んでもやっぱり泣ける。
 
 
残された時間、学べることは全部学ぼうって頑張ろうとする野中ちゃん。
工藤さんの背中についていけば大丈夫、いままでそう思ってましたって、いつもは感情をあんまり表に出さないのに、大好きですって言い切ったはーちん。
1人だったとき、いつも工藤さんがいてくれた、自分のことを見ててくれた、ずっとそばにいてくれるって思ってたのにって素直に寂しがるまりあちゃん。
工藤さんがとにかく大好き、世界で一番大好きって、どこを読んでも伝わってくる文章の中で、朱音はもう泣きません!って最年少のくせに、ほんとは誰よりも寂しいくせに、そう宣言したあかねちん。
 
残りの時間、とにかく工藤さんが楽しければそれでいい、こんなふうに夢を決められるのはかっこいいし応援してますっていう小田ちゃん。
 
 
短い文章だけど、前向きで明るい性格がにじみ出てたえりぽんブログ。
小さい頃から知ってて、長い付き合いで、ほんとうに可愛くてしょうがない後輩の、人生をかけた決意を心の底から応援しようとするふくちゃん。
 
 
そしてなにより、私たちは元気印だから!大好きで大好きで大好きな同期の卒業発表は寂しいけど、それでも絶対応援してる!だって私たち、強くなったからね!って頑張るあゆみんと、遥ちゃんを本気で心の底から家族と思ってるからこそ、女優の夢をつかむ最良のタイミングはいまだって気づいてた、って嫌われる覚悟で私たちの気持ちを代弁してくれるはるなん。
 
 
どれもこれも、全部ステキです。毎日のように時間を共に過ごしてきた人間だからこそ、見えていたものがある。言える言葉があると思います。
 
 
工藤さんを大好きになってよかった。
こんなふうに、みんなから愛されている工藤さんを、世界で一番好きになってよかったと思います。
 
 
 
朝起きて、変わらない現実があるのはやっぱりまだ寂しいし、卒業して欲しくないと言ったら嘘になるけど。
 
 
でも、遥ちゃんのブログには、明るい未来のことしか書いてないから。
未来に向かって羽ばたこうとする、十七歳の等身大しかそこにはないから。
 
 
『卒業おめでとう!』って最後には笑って言ってあげられたらいいな。