ぐるぐる

モーニング娘。が大好き!

愛だけを込めて今のモーニング娘。を紹介してみる。(佐藤優樹ちゃん)

 

 

愛だけを込めて今のモーニング娘。を紹介してみる。第7弾〜〜! 

 

ちょっとずつ修正してでも、もっともっと内容を充実させていきたい!

 

 

佐藤 優樹(さとう まさき)

  • 1999年5月7日生まれ
  • 出身地 『北海道』
  • メンバーカラー 『エメラルドグリーン』
  • ニックネーム 『まーちゃん』

 

f:id:bkinako:20170618232649j:image

 

f:id:bkinako:20170618232716j:image

 

 

 

①独自の表現力

普段のまーちゃんは、天真爛漫で天然で、自由奔放な女の子。でもマイクを握ってステージに立つ彼女は、立派な1人のアーティストなのです。普段は見せないアーティストの顔で、みんなを魅了してくれるよ。感性の豊かなまーちゃんの、音楽の表現の仕方はメンバーの中でも際立って独特で、それは、自分の歌う歌詞に対して彼女なりに読み込み、表現しようとしてるから。セクシーだったり大人っぽかったり、かと思えば無邪気な笑顔も見せてくれたりと曲によって表情を自在に変えられる彼女を見ていると、アイドルの奥深さを感じることができる。アイドルって、ただニコニコして歌って踊るだけじゃないんだって、アーティストなんだなって、まーちゃんを見ててすごく思うな。

 

 

f:id:bkinako:20170618232910j:image

 

誰にも真似できないその表現の仕方は、コンサートのたびに若干アレンジされるので、同じ表現は二度と見られないと心しておかないといけないよ。それに、リズム感がものすごくいいまーちゃん。彼女の歌い方は、まるでリズムに歌詞を乗せて歌ってるみたいなんだ。音楽を愛し、リズムを愛しているまーちゃんの、そんな歌い方がわたしはものすごく好きなんだよ。

 

 

 

②仲間に対する愛情

最近はコンサート中、ものすごく大人っぽい表現をよくしてるのでうっかり忘れちゃいそうになるけど、素の彼女はやっぱり無邪気って言葉がぴったりの女の子。そんな彼女の仲間に対する愛情は、ほんとうに冗談なんかじゃなく、山よりも高く海よりも深いと思う。モーニング娘。は特に、卒業と加入が毎年繰り返される、メンバーの交代が激しいグループだから、彼女にとってはもしかしたらすごくしんどいことなのかもしれないな。でも、誰かが卒業するたびに、誰よりも寂しがりながら誰よりも大きく成長するまーちゃん。大好きで目標にしていた鞘師里保ちゃんが卒業したあとの彼女の成長っぷりは、見を張るものがあった。壁を乗り越えて立ち上がろうとするときのまーちゃんには、ほんとうに嘘偽りなく、人を惹きつける力があるの。それは彼女がそれだけ、愛をもって、愛したメンバーの卒業という壁を乗り越えようとしているからだろうな。そしてまーちゃんは、そんな仲間に対する愛と同じくらい大きな愛を、『モーニング娘。』というグループに対しても抱いてる。照れ屋だからそれを口に出して言ったりはしないけど、モーニング娘。のためにどうしたらいいのか、彼女なりにいつも必死に答えを探してるんだよ。

 

 

f:id:bkinako:20170618232803j:image

 

 

メンバーのことが大好きだからみんなのことをよく観察してる反面、実は人一倍負けず嫌いだから、自分と他人を比べてしまうところもあるの。あまり表に出そうとしないその負けん気が、常に変化し続けようとするまーちゃんの原動力なのかもしれないな。

 

 

 

座右の銘 【うるさくしない】

これ、ほんとおもしろいよね。こんなにシンプルな座右の銘、わたし見たことないよ。でもなんか、これでこそまーちゃんっぽくてわたしはすごく好きだな。無音が嫌いだからか単純におしゃべりが好きなのか、まーちゃんは舞台裏ではいつも楽しそうに笑ってて、なんだかんだメンバーに甘やかされてて。コンサート中の大人なまーちゃんも大好きだけど、みんなを愛してみんなに愛されてる、そして何よりも心の底から音楽を愛している、そんな無邪気なまーちゃんこそが、わたしのなかでは永遠に『まーちゃん』なの。どれだけ大人になろうとも、『座右の銘はうるさくしない!』って大きな声でガハガハ笑うまーちゃんが、やっぱりわたしは1番大好き!

 

 

f:id:bkinako:20170618232832j:image

 

 

愛だけを込めて今のモーニング娘。を紹介してみる。(工藤遥ちゃん)

 

 

 

愛だけを込めて今のモーニング娘。を紹介してみる。第6弾!ものすごく書くのに時間がかかっちゃった回だよ!なんかいまね、ちょっと泣きそう!

 

 

 

工藤 遥(くどう はるか)

  • 1999年10月27日生まれ
  • 出身地 『埼玉県』
  • メンバーカラー 『オレンジ』
  • ニックネーム 『くどぅー、どぅー』

 

f:id:bkinako:20170618211028j:image

 

f:id:bkinako:20170618211221j:image

 

 

①ハスキーボイスとエンジェルフェイス

最初に神様に言いたいことがある。工藤遥ちゃんという天使に、こんなにも可愛らしいお顔とこんなにもステキなハスキーボイスをプレゼントしてくれてありがとう。そんな工藤遥ちゃんと出会わせてくれてほんとうにありがとう。無敵の武器を2つも持ってアイドルの世界に乗り込んだ工藤遥ちゃん。彼女もまた、リーダーの譜久村聖ちゃんと同じようにハロプロエッグ(アイドルを目指すたまごたち)に所属し、一年半の研修期間の末に10期オーディションに合格した、研修生経験メンバーでもあるの。リーダーの譜久村聖ちゃんはハロプロエッグの先輩でもあり研修期間もかぶっていて、なんと譜久村聖ちゃんのサプライズ加入が行われたとき、ハルちゃんもステージ上にいたんだよ!当時はまだまだとんがっていたハルちゃんなので、『選ばれるのは自分に決まってる!』と内心では思っていたそうな。そんな譜久村聖ちゃんとハルちゃんの間には、エッグ時代から築き上げてきた特別な絆があり、お互いがお互いを必要としあっているような、筆舌しがたい信頼関係があるってこともおまけで教えてあげるね。

 

f:id:bkinako:20170618211116j:image

(おまけの写真。ハルちゃん【左】とフクちゃん【右】)

 

 

とにかくそんな工藤遥ちゃん、『このハスキーボイスでたくさん歌のパートをもらいたい』って加入したての頃は言ってたんだけど、中学生のころかな。こんな風に心配してたこともあったんだ。『声変わりで、今よりももっと声が低くなって、歌える歌がなくなってしまったらどうしよう』そうだよね。声変わりとか、そういう身体のことって自分ではどうしようもないし、とくにハルちゃんのように幼い頃から活動しているメンバーは身体もまだまだ完成しきってないから、見えない未来に不安になるのは仕方ないよね。

 

……でもね。わたしがこのエピソードを絶対に紹介したかったのには、理由があるの。2016年の春ツアー。ハルちゃんは、特に高音パートが突き抜けて上手な譜久村聖ちゃんと小田さくらちゃんの3人の中に混じって、『声』という曲を披露してくれた。この曲はね、全体のキーがものすごく高いの。ハスキーボイスなハルちゃんにとって、決して得意な音域ではないと思う。……だけど、ハルちゃんはやってくれた。歌の得意な2人に並ぶように、それはそれは綺麗な高音の歌声で、最後の最後、透き通るような美しいフェイクまで披露してくれた。涙が出たよ。ほんとは『ハスキーボイス』ってことに対して、100%肯定的になりきれずに、時には悩んだことだってあっただろうに。それでも、それが自分の個性なんだって、自分のコンプレックスを抱きしめて活かしてあげられるハルちゃんは、努力の末に綺麗な高音まで手に入れたハルちゃんは、とても眩しくて尊いよ。

 

 

f:id:bkinako:20170618212242j:image

 

https://www.google.co.jp/amp/gamp.ameblo.jp/morningmusume-10ki/entry-12209574249.html

(2016年10月14日のブログより)

 

 

あとね、わたし、優しいハスキーボイスで丁寧に歌詞を歌うハルちゃんが、ほんとうにほんとうに大好きなんだ。だから、ハルちゃんがハスキーボイスでよかったって、いつも心の底から思ってる。

 

 

 

②強がりな優しさ

ハルちゃんは、顔に似合わず生意気で、見栄っ張りで、強がりです。そのくせすぐに泣いちゃうし、ナルシストとか言いながら周りと比べて落ち込んじゃうし、実は自分に自信がなかったりする。でもね、なによりもハルちゃんは、困ってる人がいると放っておけないとにかくひたすらに優しい子なんだよ。誰かが泣いてたら、自分だって強くないくせに力になろうとするの。支えようとするの。ハルちゃんは、誰かに救いの手を差し伸べるとき、迷いもためらいもしないんだ。

 

 f:id:bkinako:20170618215627j:image

 

自分が手いっぱいの状況であっても、自分のことなんて顧みず、『どうしたの?』『ハルのこと、頼ってくださいね』って声をかけてあげられる、ほんとうに優しい子なんだよ。後輩が増えるたび、いつのまにかお姉さんの顔ができるようになったこと。仕切りたがりな元来の性格に、ちゃんと周りを見て行動して話ができるような、仕切るために見合ったスキルをしっかり培っていること。毎日毎日、ほんとうに成長してるんだなぁ。道重さゆみちゃんが卒業したあと、ビジュアル担当は任せてって言いきったその頼もしさと、その言葉通りどんどん女の子らしい可愛さに磨きをかけ続けてるハルちゃん。生意気とか言ってごめんね。いっぱいがんばってるんだよね。知ってるよ。

 

f:id:bkinako:20170618220006j:image

 

だってこんなにもかわいいんだも

 

 

 

座右の銘 【明朗活発】

あの…これ……、『明朗闊達』っていいたかったのかな?いや、まさかはるちゃんが間違ってるとか間違った覚え方で四字熟語使ってるとかあのそんなこと言いたいんじゃないんですけど。……わざと、だよね。うん、そりゃそう。わざとです。『明朗活発』新しい四字熟語!創作四字熟語ばんざい!ていうかこれまた自分にぴったりな座右の銘だなぁ!元気印オーディションに合格した10期メンバーは、ほんとうにみんな明るくて、前向きで、そしてなにより元気なの!毎日元気に生きていくぞ!って、そんなやる気も感じられるし、みんな自分にぴったりの座右の銘を見つけるの、すっごくうまいなぁ。……いや、違うか。座右の銘を心にいつも置いて、みんながそれにぴったり合わせてるのか。とにかく、この座右の銘もハルちゃんらしくてすごく好き。

 

 f:id:bkinako:20170618215704j:image

f:id:bkinako:20170618215719j:image

f:id:bkinako:20170618215738j:image 

f:id:bkinako:20170618215751j:image

f:id:bkinako:20170618215803j:image

 

 卒業を決めたこと。新しい道を見つけてくれたこと。

10歳からずっとがんばってきた世界から飛び出して、自分の挑戦してみたいことに向き合う勇気を出してくれたこと。

18歳のハルちゃんにとって、それがどれだけ大変な決心であったか。どれほど悩み苦しんだ末の決断であったか。

大切なことを見失ったまま、わたしは自分のわがままばっかりで。

20歳になったアイドルのハルちゃんを見たかったとか、もしかしたらリーダーにだってなってたかもしれないだとか。

あったかもしれない他人の未来に、自分の願望をなすりつけてしまってた。

でも違うよね。そうじゃないよね。わたしがしなくちゃいけないこと、そんなことじゃなかったんだ。

 

だってハルちゃんは、これまで数え切れないほど、わたしの毎日を作ってくれた。たくさんの色を教えてくれた。たくさんの愛をくれたもん。

こんどはわたしが返す番なの。わたしにできること、思いつく限り全部やってやる!

 

そしていつか最後の日、たっくさんのオレンジに囲まれて、わたしたちからの『卒業おめでとう』の声を、わたしたちからのささやかだけれど確かな愛を、あなたが受け取ってくれるよう。

大きなステージで、あなたが悔いなくアイドルの工藤遥にさよならできるよう。

 

ちっぽけなことしかできないけれど、あなたへの恩返しを、始めようと思うんだ。

 

 

だってだって。

 

わたし、世界で1番、工藤遥ちゃんが大好きだから!!!

 

 

愛だけを込めて今のモーニング娘。を紹介してみる。(小田さくらちゃん)

 

 

 

愛だけを込めて今のモーニング娘。を紹介してみる。第5弾〜〜!!!

 

そろそろ折り返し!いや違うな、まだまだもう少しか!でもがんばるよ〜〜!!

 

 

小田 さくら(おだ さくら)

  • 1999年3月12日生まれ
  • 出身地 『神奈川県』
  • メンバーカラー 『ラベンダー』
  • ニックネーム 『おだちゃん』

 

f:id:bkinako:20170618205256j:image

f:id:bkinako:20170618205259j:image

 

 

 

①歌姫

小田ちゃんは、『スッピン歌姫オーディション』を受け、7,000人の中からたった1人だけ選ばれた、世界にたった1人しかいない11期メンバー。名前からしてわかるように、とにかく歌の上手い子を探し出すために開かれ、そしてつんく♂さんによって見つけ出された歌姫というのが、他ならぬこの小田ちゃんなのです。歌姫、その部分に関しては、言葉で伝えるよりもやっぱり見て感じて欲しい。うん、わたしなんかの語彙力じゃ、彼女の歌うために生まれてきたような、歌うことが使命のような、その感じは伝えられないや。というわけで、これを見てね。

 

(特に見てほしいのは6:40〜!)

 

うますぎて涙が止まらない。加入してもいない段階からこんなに歌えてしまうと、ボイトレとか本格的なトレーニングをした場合、行き着く先の未来にいる小田ちゃんは、もしかして神のような存在になっているのでは……?とこのとき誰もが思ったよ。その歌声に誰しもが夢を見てしまうほどに、小田ちゃんの歌声には人の心を突き動かすものがあった。ただ単に、音程がちゃんとあってるのか、リズムがずれていないとか、なんかもうそういう巧さじゃないよね。単純に、『ああ、もっと歌って欲しいなぁ。もっと歌声聴きたいなぁ』って、そんな風に思わせてくれるんだ。すごいよね。オーディションのタイトル『歌姫』と小田ちゃんがぴったり合いすぎて、逆に怖いくらいだもん。小田ちゃんも研修生経験メンバーなんだけど、小田ちゃんの場合、歌が上手いという個性があまりにも輝きすぎて、研修生を経験したとかしてないとか、そういう下積みみたいな部分を忘れそうになるなぁ。

 

 

f:id:bkinako:20170618205335j:image

 

そんな小田ちゃん、1人加入ということをメンバーにいじられることもしばしばだけど、1人加入であった理由はただ1つ。小田ちゃんの歌がうますぎたから。『歌姫』って言葉通り、歌を愛して歌に愛された人間なんて、世の中探しても滅多にいないもんね。でも小田ちゃんは、その素晴らしい個性ゆえに1人でモーニング娘。に加入しなければならないという運命も受け入れなくちゃいけなかった。先輩の9期や10期が4人だったことに対して、たった1人でグループに加入しなければならなかった1人加入の辛さや大変さは、小田ちゃんにしかわからない。悩みとか辛いこととか、先輩や後輩には打ち明けられなかったこと、山のようにたくさんあっただろうな。だって小田ちゃんには、弱音を言える相手が1人もいないんだから。どのメンバーからも『小田ちゃんはほんとに手がかからなかったから、後輩って気があんまりしなかったよ。最初から、すごくなんでもできたから』ってよく言われてるんだけど、それは小田ちゃんが頑張ることをたくさん積み重ねたからだよね。もともとのしなやかで大人っぽい性格と、器用になんでもこなせて、先輩には甘えて後輩は甘やかせるスーパースキルを持っていたから、それだけじゃない。1人加入ゆえの逆らえない孤独と戦いながら、とにかくひたすら上を向いて頑張り続けた結果だと思う。『努力してる人が好き』って、以前雑誌で語っていたけど、わたしも努力を絶えずし続けている小田ちゃんのこと、ほんとうに大好きだよ。

 

 

②尽きることのない向上心

 何度も言ってる通り、小田ちゃんは加入当初からずば抜けて歌がうまかった。それでも小田ちゃんは、進化しようとする歩みを決して止めたりしないんだ。どれだけの賞賛を浴びようとぜったいに驕らず、ずーっと上だけを見続けてるの。ただ、歌が上手くなりたい。自分の歌をたくさんの人に届けたい。その思いだけを持って活動を続けてるんだ。わたしたちの心に響く彼女のしなやかな歌声は、尽きない向上心ゆえに日々成長し続けてる。いつ聞いても、『また上手くなったなぁ』って思えるの。モーニング娘。に加入してから、『アイドルになったんだから可愛くなくちゃ!』ってお休みの日もがんばってもお化粧の練習をしてた小田ちゃん。今ではメイクも自撮りのプロフェッショナル並みにとっても上手だよ。

 

f:id:bkinako:20170618205408j:image

 

いつの時代の小田ちゃんも可愛いのは、彼女が毎日努力を怠ることなく、『人に見られる』ということに対して高い意識を持ち続けた証拠。小田ちゃんのそんな向上心は、きっと永遠に尽きることなんてないって思うよ。小田ちゃんの底なしの向上心は、アイドルとしての魂そのものなんだ!

 

 

座右の銘【続ける】

これでこそ小田ちゃん。もうね、知ってた!って感じだなあ。続けてるから、こんなに成果が出てるんだもんね。すごいよね。

 わたしはやっぱり、小田ちゃんに同期がいないことが気にかかってしまって、大丈夫かなぁ上手くガス抜きできてるかなぁって余計なことを考えてしまう時がある。でもね。ファンからの『将来の夢はなんですか』という質問に対して、ブログでこう答えてたんだ。

 

 

f:id:bkinako:20170618204511j:image

http://ameblo.jp/morningmusume-10ki/entry-12256903604.html?frm=theme
(2017年3月16日のブログより)

 

これを見たら、安心したよ。小田ちゃんの毎日は、楽しくて明るくて、同期がいないなんていうちっぽけな悩みに支配されないくらい輝きに満ちてるんだね。モーニング娘。というグループのみんなと、将来もずっといられることが夢である小田ちゃんの毎日が、寂しさで溢れてるはずないもんね。こんな風に思ってしまうなんて、メンバーのこと信じてないみたいだったよね。みんな、ほんとうにごめんよ。どんなしんどいことだって、笑顔で乗り越えて『みんなが大好き』って言える小田ちゃんの、美しい心と歌声がある限り、モーニング娘。はどこまでも輝き続けるの!

 

 f:id:bkinako:20170618205541j:image

 

 

愛だけを込めて今のモーニング娘。を紹介してみる。(尾形春水ちゃん)

 

 

 

愛だけを込めて今のモーニング娘。を紹介してみる。第4段!

 

 

 

尾形 春水(おがた はるな)

  • 1999年2月15日生まれ
  • 出身地 『大阪府
  • メンバーカラー 『シーブルー』
  •  ニックネーム 『はーちん』

 

 f:id:bkinako:20170616224348j:image

 

f:id:bkinako:20170616224501j:image

 

 

①色白美人な大阪人

見た目からもお察しいただけると思うんですが、この白さ、美しさ、そして輝き……!なにこれわたしと同じ人間なのかな?光って見えるけど発光してるのかな?と思ってしまうほどの清廉さ。はーちんにしか無い唯一無二の輝きだよ。

 

 f:id:bkinako:20170616232922j:image

 

だがしかし!話し始めると流石の大阪人、相手が同期であろうが先輩でろうが、的確にすばやくツッコみを入れ、なんなく笑いをかっさらうんだ。変顔だって、事務所NGが出てしまうくらい本格的にすごいレベルまでやっちゃうの。清純なこの見た目と、コミカルなその中身のギャップに一度ハマると抜け出せないよ。

 

大阪弁だけど、声質が透明でとっても柔らかいからキツく聞こえたりしないし、個人的にはーちんの声が本当に好きなので、はーちんの話している声をBGMにして眠ったら気持ち良いだろうなぁっていつも思ってる。ラジオで是非堪能してみて。とっても心地良い、そよ風みたいな声だから。

 

 

②シーブルーな心

飽き性を自称してるはーちん。でも特技のフィギュアスケートは、モーニング娘。に加入するまでなんと約10年間も続けていて、大好きなことは一途にずっと続けられる子なんだ。自分がフィギュアスケートを続けられたのは両親の支えがあったからだってしっかり自分の言葉でブログに綴っていたときは、ブログを見て涙が出たなぁ。

 

 

 

 f:id:bkinako:20170616224043j:image

f:id:bkinako:20170616224050j:image

 

http://ameblo.jp/mm-12ki/entry-12241786312.html?frm=theme

(2017年1月26日のブログより)

 

このブログが書かれてたのは、ちょうどはーちんがインフルエンザでコンサートをお休みしなくちゃいけなかったすぐ後で。真面目で周りの目を気にしすぎちゃうはーちんのことだから、直接的な言葉で言ったりしなかったけど、きっとすっごく悔しくて悩んだんだろうな。アイドルとは無縁な、フィギュアスケートが中心の生活を10年も続けていたはーちんにとって、新しく踏み出したアイドルという道に迷ってしまいそうになっていたのかもしれない。お父さんとお母さんに大切に愛されて育ってきたはーちんだからこそ、ちょっと脆くて壊れてしまいそうな、どこか儚い空気を纏ってるんだ。大丈夫、はーちんははーちんらしく、あなたの思うアイドル像を貫いていってほしいよって言いたくなるの。わたしも、はーちんの決めてくれたアイドルという道を、全力で応援してるからね。

 

 

f:id:bkinako:20170616230411j:image

 

http://ameblo.jp/mm-12ki/entry-12269568199.html?frm=theme

(2017年4月27日のブログより)

 

このブログが書かれたとき、ちょうどハロー!プロジェクトYouTube配信動画の内容の一部に、はーちんと羽賀朱音ちゃんのドキュメンタリーが組まれてた。内容としては、ダンス経験の豊富な新メンバー、加賀楓ちゃんと横山玲奈ちゃんが加入したことを受け、モーニング娘。全体のスキルアップを図るために、2人に焦点を当ててダンスの特別レッスンを受けてもらうというもの。……やっぱり、最初はわたしも思ったよね。なんで新メンバーじゃなくて、2年も先輩なはーちんと羽賀朱音ちゃんが、こんな特別レッスンを受けてるの?まるで、新メンバーよりも2人の方が、グループの求めてるスキルをクリアしてないって、そう言われた気がしたから。わたしがそう思うくらいだから、当の本人たちはもっと悩んだと思う。なんで?って、叫びたかったと思う。でも2人は、もちろんそんな弱音も愚痴も文句も言わず、ただひたすら練習に打ち込んで、ステージではいつも笑顔を見せてくれた。笑っててくれた。がんばってないなんて、口が裂けても言えないよ。だって、『がんばる』って、いったい誰が評価するものなの?どんな物差しで測れば分かるものなの?結果が出なければ、それは『がんばってない』ってことと一緒なの?わたしは、そうじゃないって思う。だからこそ、アイドルのみんなを応援してるんだよ。たとえ結果が出なくたって、がんばってもすぐに上手くならなくたって、悔しさや歯がゆさを押し殺し、それでも涙を必死にこらえて笑いながら、努力の影なんて全く隠しながら、『コンサートに来てくれてありがとう!』って笑ってくれるみんなのことが、わたしは大好きなの。

 

f:id:bkinako:20170616224912j:image

 

はーちんは特に、どうしても周りの目を気にしてしまう子だから、もしかしたら心無い言葉にのみこまれて自分に自信を持てなくなっちゃうことがあるのかもしれない。はーちんのメンバーカラーのシーブルー、そんなはーちんの内面を表す色のようで、この世界にシーブルーを自分の色って言っていいのは、見た目も中身もシーブルーなはーちんだけだって思うの。シーブルーなはーちんの心が曇りそうになったとき、『どんなはーちんだって愛してるから!』っていう気持ちが、はーちんに届けばいいなって願ってる。

 

  

座右の銘 【不撓不屈】

見た目に似合わず、なかなかかっこいい座右の銘だよね。フィギュアスケートを10年続けたその根性を思うと、この座右の銘があったからこその10年なのかな。でも、気負いすぎてしまうはーちんのことを思うと心配で心配でたまらなくなるので、この座右の銘もたまには忘れて心を解放してあげる日があればいいのにって、わがままなわたしは考えてしまうんだ。ごめんね。……いや待って。でも、うん、そうだね!はーちんが決めた道だもんね!はーちんが決めた座右の銘だもんね!やっぱり前言撤回する!この座右の銘、はーちんにぴったりだし、どんな困難にもくじけないはーちんのことを、わたしは全力で愛しているよ!

 

f:id:bkinako:20170616233823j:image

 

 

 

愛だけを込めて今のモーニング娘。を紹介してみる。(野中美希ちゃん)

 

 

 

愛だけを込めて今のモーニング娘。を紹介してみる。第3弾!まだまだいくよ〜〜!!!

 

 

野中 美希(のなか みき)

  • 1999年10月7日生まれ
  • 出身地 『静岡県
  • メンバーカラー 『パープル』
  • ニックネーム 『ちぇる、ちぇるしー』

 

 

f:id:bkinako:20170616235038j:image

 

f:id:bkinako:20170616235042j:image

 

 

①グローバル担当 

モーニング娘。始まって以来、初めての帰国子女な野中ちゃん。2歳から10歳までアメリカに住んでいただけあって、英語の発音はかっこいいくらいペラペラなんだよ。少し前の動画だけど、これを見てくれたらわかると思う。今こうして見てみても、芸能界に入ってまだまだ8ヶ月しか経ってない頃の野中ちゃん、希望に満ちてぴかぴかに輝いてるなぁ。

 

 

加入した時から、『グローバル担当は任せてください!』って頼もしく言い切っていた野中ちゃんだけど、そうは言っても住んでいたのは10歳までで、それに少し田舎に住んでいたらしく、いわゆる『訛り』もあったらしい。でもさすがは野中ちゃん、英会話教室に通ってばっちり訛りを直してもらい、今でも英語を忘れないように洋画を英語で見たりして、英語を忘れないように頑張ってるんだよ。

 

 

 

f:id:bkinako:20170616172611j:image

 

 http://ameblo.jp/mm-12ki/entry-12281730908.html?frm=theme

 (2017年6月7日のブログより)

 

こんな感じで、毎週英語のクイズを出してくれたり、ブログの本文中にもたっくさんの英語を使っていて、『わたしがモーニング娘。のグローバル担当です!』って気持ちのこもった野中ちゃんの真面目さが伺えるよね。

 

ここ最近は毎年のように海外公演も行なっているので、彼女がいるってだけでメンバーにとってはすごく安心できるんじゃないかな。グローバル担当って、口で言うだけじゃなく英語に対して向き合い続けてる姿、ほんとにかっこいいって思う。

 

②ドジっ子

とにかくね、野中ちゃんってば不器用な子なの!本人がそれをすごく分かってて、悩んでたりもするんだけど、わたし個人のわがままとしてはそんな野中ちゃんが大好きなので変に器用ぶらずありのまま頑張っていって欲しいなぁ 。以前ね、11期メンバーの小田さくらちゃんが言ってたんだ。『野中ちゃんは不器用で、1つのことを覚えるのにたくさんの時間がかかるけど、そういう彼女をみてるとわたしは応援したくなる』って。それだよね!まさしくそれなの!野中ちゃんって、良い意味で『普通の女の子』ってオーラを持ってて、気取らない、本当に穏やかで優しい子なの。だから、野中ちゃんを応援してるとね、『普通の女の子だった子がアイドルとして完成していく過程』を見させてもらってる気になっちゃうんだ。あ、でもこの言い方だと語弊があるな。こんなに英語がペラペラで優しくて努力家な女の子、普通の女の子じゃないもんね。うーん、どう言えばいいだろう……。とにかくね、野中ちゃんは見ている人をつい応援したくなる力を持ってるってこと!

 

f:id:bkinako:20170616235119j:image

 

 

なにもないところで転んじゃったり、ボールの投げ方が独特だったりする野中ちゃん。だけどそんな彼女がいつか、ものすごく器用になんでもこなせるようになってたら、それはそれで微笑ましいけどやっぱりドジっ子で頑張り屋さんな野中ちゃんが好きだなぁ。

 

 

 

 

最新シングルでは、曲中のラップの英語パートも担当してるんだ。野中ちゃんの独特な声質とこの英語の歌詞、ぴったり合いすぎて何度も見たくなっちゃう。

 

  

座右の銘 【笑う門には福来る!】

ドジっ子だけどね、野中ちゃんはすっごくポジティブなんだよ。

 

 

f:id:bkinako:20170616192835j:image

 

先日無事に千秋楽を迎えたモーニング娘。主演の舞台、野中ちゃんは役柄上、劇中にハープを披露することになったんだ。コンサートツアーと被っていた短い舞台稽古期間の中で、野中ちゃんは必死に練習に取り組み、見事なハープの音色を披露してくれたよ。楽器ってほんとに積み重ねだと思うし、土日は全国を飛び回ってコンサートがあったはずなのに、めげずにやりきってくれた野中ちゃんの座右の銘が『笑う門には福来る!』だって、なんかすごく納得してしまったな。どんな壁があったって、彼女はそれを乗り切るパワーがあるの!そしていつだって笑顔で、わたしたちに元気をくれる野中ちゃん。これからグループの主軸になって活躍してくれるんだろうなって、わたしワクワクが止まらないよ!

 

f:id:bkinako:20170616235138j:image

 

愛だけを込めて今のモーニング娘。を紹介してみる。(牧野真莉愛ちゃん)

 

 

 

がんばるよ!なんとか目標の日までに、全員分書ききってやる!!

 

 

愛だけを込めて今のモーニング娘。を紹介してみる。第2弾!

 

 

 

 牧野 真莉愛(まきの まりあ)

  •  2001年2月2日生まれ
  • 出身地 『愛知県』
  • メンバーカラー 『ライトピンク』
  •  ニックネーム 『まりあん♡LOVEりん』

 

 

f:id:bkinako:20170616015228j:image

f:id:bkinako:20170616015231j:image

 

 

①野球大好き!

野球が大好きなまりあちゃん。 

 

f:id:bkinako:20170616014907j:image

 

とにかくとにかく本当に心の底から野球が大好きなの。その愛の重さについては、野球に詳しくないわたしの語彙力では伝えられないので、以下のブログにてご確認ください。

 

 

f:id:bkinako:20170616000528j:image

 

http://ameblo.jp/mm-12ki/entry-12267479145.html?frm=theme

 (2017年4月20日のブログより)

 

基本的に、まりあちゃんはお休みの日は、球場に行ってるかディズニーランドに行ってるかどっちかな気がする。とくに球場の方は、お休みとかじゃなくてもちょっと時間が空いたら当然のように足を運んで観戦してて、いつも楽しそうにそのときの試合の感想を教えてくれるよ。残念ながら球場には見に行けない日も、しっかりお家で観戦してるんだから、好きなものに対する情熱が伝わってくるよね。

  

 

f:id:bkinako:20170615235502j:image

f:id:bkinako:20170615235450j:image

 

 http://ameblo.jp/mm-12ki/entry-12271093108.html?frm=theme

(2017年5月2日のブログより)

 

 

野球に対して全く知識がないわたしなので、まりあちゃんのブログはよくわかんない所だらけだけど、ちゃんと毎日読んでるんだ。だって背番号まで丁寧に書いてあったり、ちょっとしたその人の人物像とか背景とかまで教えてくれたり、まりあちゃんが好きなものだしちょっとずつ詳しくなりたいかも、って思わせてくれる魅力があるの。

 

こんな感じで、とにかく毎日毎日野球について熱く語ってて。あ、でも待って。まだ紹介してないブログがあった。WBCのときのまりあちゃんブログ、ほんとにすごかったんだ。もう熱しかこもってなくて、野球を愛しているまりあちゃんの思いがとにかく詰め込まれた、最後の2日間のWBCブログがこちら。

 

 

 

f:id:bkinako:20170616001630j:image

f:id:bkinako:20170616001611j:image

f:id:bkinako:20170616001822j:imagef:id:bkinako:20170616001530j:image

 

 http://ameblo.jp/mm-12ki/entry-12258777949.html?frm=theme

(2017年3月22日のブログより)

 

すごくいいよね。自分の国が負けちゃっても、WBCはまだ終わりじゃないって、ちゃんと決勝戦についてのお知らせを書いてくれてるし。それに、選手がみんな無事に日本に帰ってきてくれるまでがWBCだって言って、試合の勝ち負けだけを大切にしてるわけじゃないまりあちゃんの熱さがすごく伝わってくる。純粋に『野球』っていうスポーツを愛してるんだなってこのブログ見て思ったよ。

 

 

f:id:bkinako:20170616001055j:image

f:id:bkinako:20170616001059j:image

 

 http://ameblo.jp/mm-12ki/entry-12259368523.html?frm=theme

(2017年3月24日のブログより)

 

笑っちゃうくらい素敵なブログ。野球に対してどんな思いを持ってるか、WBCという大会をどれだけ楽しみにしていたのか。最後の最後まで、選手や監督に感謝の気持ちを持ちながら野球を楽しむまりあちゃん。そうだよね。まりあちゃんが野球を心から愛するように、わたしもまっすぐな気持ちで感謝を忘れず、モーニング娘。のみんなのことを応援していきたいなって思うよ。大切な気持ちを思い出させてくれてありがとう。

 

そしてそして!大事なことはここからです!なんと今年、2017年のセ・パ交流戦大使にモーニング娘。'17が選ばれたんだ!

 

 f:id:bkinako:20170616010903j:image

 

これはひとえに、まりあちゃんが野球に対する並々ならぬ熱い思いを、毎日ブログで語ってくれたから。始球式でマウンドに立ったまりあちゃんは、ほんとうに、『幼い頃からの夢を叶えた女の子』そのもので、もう眩しいくらいにキラキラしてた。球場を出るとき、真剣な眼差しでマウンドに一礼するまりあちゃんを見てたら、ああもうなんて素晴らしい女の子なんだ!とテレビに向かって叫びたくなったよ。

 

f:id:bkinako:20170616005916j:image

f:id:bkinako:20170616005908j:image

f:id:bkinako:20170616005942j:image

 

かわいい〜!!!夢を叶えたまりあちゃんは、世界中の誰よりも輝いてた! 

 

 

②まりあん♡LOVEりん

ブログを見てもわかると思うけど、まりあちゃんは独特の言葉のチョイスで絶妙に謎なキャラクターを生み出す天才なんだ。このまりあん♡LOVEりんは、加入当初から言い続けてるまりあちゃんの代名詞。『まりあん♡LOVEりんですっ!』『ごめんちゃいまりあ』などなど、とにかく語尾に『まりあ』を付けて、その場にいる人間のハートを狙い撃ちしようという魂胆なの。まあね、こんなにかわいい女の子に『まりあん♡LOVEりんですっ!』って笑いかけられたら、そりゃあもう落ちるしかないでしょう。狙い撃ち、されてなんぼだよね!

 

ブログもまた面白くて、文章の書き出しは

 

f:id:bkinako:20170616012334j:image

で、文の最後には

f:id:bkinako:20170616012307j:image

 って付くんだ。これすっごくいいな。まりあちゃんの天真爛漫なところと、元気なところと、毎日を大切に笑顔で過ごそうって気持ちがよく伝わってくるよね。あとわたし、この最後の定型句で感動したことがあるんだ。あのね、工藤遥ちゃんの卒業発表について書かれたブログなんだけど(工藤遥ちゃんのオタク感全開でごめん)。いつもだったら『明日も、……』って続いていくのに、そのときのブログはね、『これからも嬉しいこと楽しいこと、……』って続いてたんだ!

『明日も』っていうと、『今日も』楽しいこといっぱいあったんだろうなって思えるけど、『これからも』ってことは、つまり『今までも』ってことが前提になってるわけで。今までもたくさん嬉しいこと楽しいことがあったけど、これからも、今までに負けないくらい嬉しくて楽しい毎日にしていきましょうねって、そういうことなんだよね。なんてことない違いだけど、なんてことないそういう気遣いで、わたしはいつも元気をもらってきたし、そういうまりあちゃんだから、わたしは大好きなんだなって思うよ。

 

 

座右の銘 【克己心】

これは、まりあちゃんが大好きな中田翔選手が大切にしてる言葉。最初は意外だったけど、でも、すごくまりあちゃんにぴったりだなって思うな。喜怒哀楽がとっても分かりやすくて、ちょっと子供っぽくて、でも意外と負けず嫌いなまりあちゃん。幼く見えて、ほんとは色々考えてるんだよね。弱い自分に打ち勝とう、その先にある強い自分を夢見て頑張ろう。そうやって日々努力し続けるまりあちゃんは、多分自分でも気づかないうちに、なりたい自分になってるんだと思う。なにごとにも全力投球、スポ根精神全開なところも、子供っぽい話し方も、『まりあん♡LOVEりん』をやり通せるまっすぐさも、全部がまりあちゃんを素敵に輝かせてる一部。もっともっと大きく羽ばたこうとするまりあちゃんのこと、これからもずっと見てるからね。

 

f:id:bkinako:20170616021343j:image

愛だけを込めて今のモーニング娘。を紹介してみる。(羽賀朱音ちゃん)

 以前書いてたブログだと、まだまだみんなの魅力について書き足りていなかったので新しくしたよ!手を動かしてないと頭が変になりそうだったからね!でもすっごく楽しかった!

 

 

今のモーニング娘。について、たくさんの人に知ってほしい。工藤遥ちゃんが卒業しちゃう前に、彼女が愛している素晴らしいグループ『モーニング娘。』について、もっと知ってほしいっていう気持ちだけ。

 

 

愛だけを込めて今のモーニング娘。を紹介してみる。記念すべき第一弾!

 

 

羽賀 朱音(はが あかね)

  • 2002年3月7日生まれ
  • 出身地 『長野県』
  • メンバーカラー 『ライトオレンジ』
  • ニックネーム 『あかねちん、はがちゃん』

 

f:id:bkinako:20170615223020j:image

f:id:bkinako:20170615223312j:image

 

 

①最年少の高校1年生

グループ最年少のあかねちん。隠しきれない美人なお顔の持ち主で、その漆黒の瞳には人を惹きつける力があるよ。あのね、あかねちんの目は、ほんとにはっとするほど綺麗なんだ。黒髪美少女って言葉、この子以外に似合う女の子は世界中どこ探してもいないと思うよ。大人っぽい顔立ちのあかねちんが本当に大人になったとき、一体どれほどの美しさになっているのか、あかねちんの将来が今から楽しみで楽しみで仕方がない!

 f:id:bkinako:20170615201154j:image

今年やっと高校生になったばっかりで、年上メンバーはみんな思いっきりあかねちんのことを甘やかしてるの。でもね、先輩に対しては甘えたな面を見せることもあるけど、実は家では長女なあかねちん。妹力とお姉さん力の2つを兼ね備えたスーパー最年少なんだから、ほんと怖いものなしだよね。

 

とはいえ、グループ最年少であったとしても、新しく入った13期メンバーにとっては立派な先輩。……ここでひとつ、あかねちんの涙ぐましい先輩としての成長日記を教えてあげるね。13期メンバーとして加入した加賀ちゃんは、あかねちんの研修生時代の大先輩。大切なことをいっぱい教えてくれた加賀ちゃんは、あかねちんにとって憧れの先輩だったんだ。そんな加賀楓ちゃんに、『モーニング娘。の先輩』として接することに戸惑っていたあかねちん。なかなか敬語が抜けなかったり、名前じゃなく『加賀さん』って呼んじゃう時期もあったんだよ。でもね、そんなとき、ブログでこんな風に悩みを明かしてくれた。

 

 

13期メンバーと共にリハーサルや、本番を積み重ねていくうちに

研修生のときの気持ちがじわじわと思い出してきて、
モーニング娘。としてのリハーサルでも、加賀さんかっこいいなぁ…とばかり思ってたんです

 

でも加賀さんはもう先輩じゃない、昔は私が教えてもらう立場だったけどもう違うんだ

ってことに気づいて

 

http://ameblo.jp/mm-12ki/entry-12242711106.html?frm=theme

(2017年1月29日のブログより)

 

すごいよね。まだ15歳になったばっかりなのに、こんなに高い意識を持って、『先輩として振る舞おう』ってする女の子、絶対この世にいないと思う。『憧れている先輩に、ただ憧れてるだけじゃ、もうダメなんだ。かっこいいって、ただ思ってるだけじゃ、もうダメなんだな』。そんなことを、自分の頭で考えて答えを出せる、今はとにかく自分なりに先輩として頑張ってみようって、そう思えるあかねちんが、わたしはすごくかっこいいなと思うのです。人間関係に対してけっこう不器用なあかねちんが、必死に『先輩として頑張らなくちゃ』って意気込んでる姿を見るだけで、 自分はどうかな?先輩らしく振る舞えてるかな?って、自分を省みるきっかけになるんだよ。

 

 

ツンデレ

話している口調だけ聞くと、あかねちんはあまり女の子らしくないというか、ちょっと可愛げがないというか、まあキュルキュルしてない女の子なんだけどね。でもねみなさん、そこであかねちんの魅力を知ろうとしないのはすっごくもったいない!言い方こそ可愛げはなくとも、あかねちんは本当にすっこくかわいいんだから。というわけで、まずはこちらをご覧ください。

 

 

今日、工藤遥さんが「インフルエンザA型」診断されました。


工藤さん、早くよくなりますように。

 

f:id:bkinako:20170615204930j:image

 

http://ameblo.jp/mm-12ki/entry-12275023691.html?frm=theme

(2017年5月15日のブログより)

 

可愛すぎる。え、まって?机の中から四葉のクローバーのしおりをわさわざ出してきて、写真も撮って、『早く良くなりますように。』ってほんとにこれ可愛すぎじゃない?インフルエンザで苦しんでいた、あかねちんが世界で1番大好きな先輩メンバーの工藤遥ちゃんも、きっとこれを見てほっこりしただろうな。少なくとも工藤遥ちゃんのファンであるわたしは、このブログを見て全力でほっこりしたよ。ありがとう。あかねちんのそういうところがすごく好きだよ。

 

 

はい続いて、こちら。

 

 

朱音は今回の舞台、すこし、すこし、すこーしほんのちょっと、褒められることが増えたんです。

 
やっぱり嬉しいですね、褒められるって

なんていうか、

 

朱音って素直じゃないから←

その場では嬉しいくせに全然喜べないような可愛くない子なんですけど(笑)

 

でも内心すっごく嬉しかったです。

 

(中略)

 

やっぱり褒められるってうれしいんだなぁ…

 

 素直に喜べるようになりたいなぁ、、(笑)

 

http://ameblo.jp/mm-12ki/entry-12280847985.html?frm=theme

(2017年6月4日のブログより)

 

あかねちんは基本ツンデレなので、『やったー!うれしい!』と両手を広げて喜んだりはしない。表情にあまり出ないっていうか、『ふふん!』って感じのドヤ顔はよくしてるけど、『やったー!』のバンザイは多分しないタイプなんだよね。あかねちん自身は、そんな自分をちょっとだけ嫌に思ってて、素直に喜べないような自分に傷ついてて、だからもっと素直になれたらなぁ…って悩んでる。うん、でもね、わたし思うよ。素直じゃないって言ってるくせに、こうして自分が悩んでることを素直に打ち明けてくれるあかねちんは、『素直じゃなく』なんかないって。あかねちんは、自分の感情に敏感で、それをちゃんと言葉にできる、とっても素直な女の子!

 

 

そういうわけで、最後はこちら!

 

 


モーニング娘。は、「モーニング娘。'17」となってそして20年目に突入しました!


中澤さんがリーダーの時から今まで、たすきのように受け継がれてきていることはたくさんあります。

そのたすきを、しっかり大切にして
そのたすきに、"今のモーニング娘。"という時をしっかり刻んで
いつの時代もそのたすきをバトンパスしていけるように、がんばります

 

http://ameblo.jp/mm-12ki/entry-12242396263.html?frm=theme

(2017年1月28日のブログより)

 

この日、モーニング娘。の初代リーダーである中澤裕子さんがコンサートを見にきてくれていて、メンバーもみんな『いまのモーニング娘。に対する思い』をブログに綴っていたんだけど。その中でも、一番いいなだと思ったのがあかねちんのブログなんだ。『たすき』って言葉を使った上で、そのたすきに『今のモーニング娘。という時を刻みたい』って表現できるあかねちんの文章能力にただただ感動するよ。ほんとに、あかねちんのブログは言葉がとっても分かりやすくてあたたかくて、15歳が書いてるとは思えないし、更新頻度はあまり高くないんだけど、1番読んでて楽しいんだ。そして何よりこの日のブログのタイトルは、『たすきに想いを込めて。』このタイトルだけを見てもあかねちんの、中澤裕子さんやモーニング娘。の歴史に対する想いとか決意とか、そういうたくさんの感情を垣間見ることができるよね。タイトルにまでセンスを感じさせられる、あかねちんの言葉のセンスが、わたしとっても好きだなあ。

 

 

座右の銘 【極めたい音楽の世界(The 摩天楼ショーより)】

なかなかビッグで果てしない座右の銘だなぁ。かっこよくてすごくいいよね。これは、The 摩天楼ショーっていうモーニング娘。の曲中の歌詞の一部なんだよ。あかねちんは、本当にすっごくハロー!プロジェクトの音楽が大好きで、よく歌詞に対する想いを熱く語ってたりする。あかねちんって、自分が好きなものに対してびっくりしちゃうくらい真っ直ぐで、周りとか全然見えなくなるくらい愛しちゃうタイプなんだ。そういうところ、最年少らしくて可愛いんだよ。特に大好きなのは、チョコミント工藤遥ちゃん!この2つについて話し出すと永遠に止まらなくなっちゃうので要注意。あかねちんは、世界で一番オタ充してる、世界で一番美しい工藤遥ちゃんオタなんだから!

 

 

おまけの写真。2人ともとっても可愛いでしょ!

 

f:id:bkinako:20170615220457j:image 

 

 

まだまだ可能性しか秘めていない15歳。これからますます綺麗になって、ますますダンスも歌も上達していくあかねちんのこと、目を離してる暇なんてないんだからね!

 

 

f:id:bkinako:20170615221841j:image